FC2ブログ


ちょっとここらへんで、マツリがどう過ごしていたかをまとめてみよう。
※約10日間の出来事です。

ブログは久しぶりに長いです。
未来の自分への、そしていつか誰かの役に立てば・・・な記録です。
「長いから読んでないけど」とかのコメントは今はいらない。笑

病気を発症してから、徘徊はあるものの、気をつけて見ていれば大丈夫かな?な範囲が続いていたよ。
210504 (1)
ままがお仕事してる間はフリーで、マツリが寝たいところで寝るスタイル。
ミシン机の下がオキニ。


寒い日は
210504 (2)
ケットかけたげて、カワイイ♡


その二日後。
210504 (3)
落ち着かなくなった。
抱っこしても、何してもダメ。
狭いとこ狭いとこに入りたがる。
ので、簡易的にミシン机の下が暗くなるよう、ケットで目隠しして、その中に入れたげたら、即寝た。
眠そうなのに、ホントに落ち着かないみたいで、見ていられなかったの。


相変らず癒しのミたん
210504 (4)
をちょいと挟んで。


上のシステムがとてもいいと思った翌日にはもう、だめで。
210504 (5)
寝室用の小さなサークルを開いて、光が差し込まないように屋根的ケット。
ここでも2日くらいは寝てくれたよね。


あるあさ。
マツリの目がうつろ、瞼が真っ赤。

え?

何があった??

パパと会議。
サークル内でグルグルが酷かったよね。
ってふとサークル内を見ると、内側の壁がなんか赤い。
電気を点けて良く見ると、シャッシャとこすった跡。
さらによく見ると、血!?
血が出ても、何周も何周もグルグル回ってた様子。
この時が多分、今まででは一番ひどい状態だったのかな。(頭の中ね)
恐ろしくて、もうどうしたらよいのか分からない状態。
サークルに入れないとアチコチぶつかって挟まって・・・なのに、
そのサークルでもけがを。
眼球に傷が着いたら、ステロイド飲んでるし、治らないじゃん?と思って。


病院へ行って、状態を診てもらって、解決方法はないかと聞く。
でも、こんなに元気で歩けるコはなかなかいないってさ。
マツリ、お散歩大好きだったから、体力はあるもんね。
自分の意志で歩いてるわけではないから、体は疲れてるだろうけど、動けてしまう。
(足は弱って来て、よろけるけど)

この状態ではいつ発作が起きてもおかしくない。
という事と、もしかしたら少し落ち着くのかもしれない(その子によって)
という事で、発作を抑える薬をだしてもらう。
そして、ものすごい量のステロイドを飲み始める。


と同時に、まま、考えたよ。
サークルに入れずに、徘徊しても大丈夫な方法。
210504 (6)
パパのダンベルのおもりにリード付けて、半径1mの世界になった。


サスペンダーが外れてるのはパパのやさしさ。
210504 (7)
空気の流れも感じられて、少し気持ちよさそうに寝てたよ。


はい、
210504 (8)
癒しのミたん


ところで、気になってた?
210504 (9)
マツリ家の敷いてるケットが、独特?笑
そう、これはきっと、昭和の?
以前実家から、いずれ介護が必要になったときに、こういうのはいくつあっても良いから。
と、もらってきたタオルケットたち。
ワタシの祖父母の介護くらいの時代の。もしかして平成のか?
とにかく、古い(けど新しいやつ)ものをもらってきておいたの。
昔のはさ、生地がシッカリしていて、扱いやすい。
という訳で、洗い替えで昭和(平成?)がでてくる我が家。


マツリさん、
210504 (10)
こんな感じで、オメメが伏し目がち。
向かって左が特にひどかったんだけど、2日サークルに入れないだけで、こんなに良くなってきた。
マツリは女のコだし、あまり・・・な写真を載せるつもりはなかったんだけどね。
まま的にこれはギリOKで、この先こういう写真はきっと載せないかな。
と今は思う。

サークルと違ってすぐそこにままを感じられるからか?
210504 (11)
いや、薬が効いてきたんだね。
甘えんぼすることを思い出してきたマツリ。
一時は固形物・・・ちぃちゃな薬も飲み込めなくなってたのに。

ところが、薬が効いてくると、次のコマッタさんが出てくる。
どうしてもグルグル回るのは止まらない。
そして、リードを手足に絡めて、動けなくなってしまう。
それでも(アタマの病気により)無理に動こうとしてしまったら、骨折しちゃうのではないか?
と、これまたずっと見てないといけない。
2時間程眠って、1時間半ほど起きて・・・なサイクル。
寝た瞬間にシャワー!とか病院受付に!とか、
寝てる間に仕事!・・・はずっとそうか。ま、そんな感じ。

可愛いのが、隣の部屋でお仕事してて、ゴソゴソ起きたな~って思ったら動けなくなって、
ふぃぃいいいいん。
って泣くの。
それがホントに可愛くて。
あれ、赤ちゃんいたっけな?みたいな。
でもやってることは危ないので慌てて駆けつける。

という事で、パパと会議してサークルになにかしよう。っつって、ニトリの厚手のごろ寝マットを買い足したの。

で、ワタシが、それに柔らかいバスタオル(フランフランの)縫い付けたらどう?
ってパパに言ったら、それならごろ寝マットいらないんじゃない?
となり・・・
ワタシとミたんのごろ寝用になった。笑


で、Francfrancのバスタオルを縫い付け、足りないところに以前だいご家からもらったこれまた柔らかいタオルがぴったり!
210504 (12)
おや、フランスの国旗ではないか!(調べたら左右逆ね)
さすがFrenchbulldog

いまのところ、良いみたい。


が!!!

マツリさん、お薬が効き過ぎですよ。
コレを書いてる日。
隣の部屋でお留守番カメラで様子見ながらなんだけど。。。
何やらメッシュのところを狙ってます。
出たい様子。
タオルに手をかけた!

やめてくださーーい。

このタオル、2時間半かかって縫い付けたの。
波縫いで良いかなって思ったけど、少ししっかり・・・と思って本返し縫いに。
が、とにかく縫いにくくて、一目がめちゃ大きい。笑
ので、手を掛けたらほどけるーーーー。汗

なんとか、これでよろしく頼みますよ、マツリさん。

で、出たいのなら徘徊がなくなるくらいになってください!

という、4月のある10日間の出来事。

この先も、どんどん変わっていくんだろうな。
その都度、マツリに良い選択肢を見つけていかなくちゃ。

ホントに、突然病気はやってきて、日々状態が違うし、悪化してくるし。
毎日毎日、
「今日一日、大丈夫だった・・・」と思いながら暮らしてます。
もちろん、暗い気持ちばかりではなく、テレビも見るし、お酒も呑みます(今のとこ飲まなかったのは一日だけ)
笑うし泣くし、ママの感情は忙しい。

そしてもうGWだったのか!
関連記事
スポンサーサイト






*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

北海道で行方の分からなくなったフレンチブルドッグのホルモンくんを探してます!
ホルモンくん ≪ホルモンくん(当時)2歳♂の子≫
2011年9月25日、北海道登別市来馬町から突然いなくなってしまいました。
詳細は飼い主さんの ホルモン日記 を見て下さい。情報をお願いします!!!

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*



フレンチブルドッグひろば


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事